Official Blog 公式ブログ

  

PROFILE

板橋マサ江

板橋マサ江 Masae Itabashi
1946年 九州・小倉生まれ
1969年 関西学院大学文学部卒業 日本航空入社。1973年退社後ヨーロッパ滞在中にヘアアーティスト板橋進氏と出会い、翌年に板橋進氏と結婚し美容室経営をスタート。1995年仏「ジャ ン・クロード・ビギン(ブランド)」と契約。現在、東京を中心に14軒の美容室を展開中。2004年モロッコ美容コスメ「ローズ ド マラケシュ」をスタート。

2010年3月11日

モロッコの香水ビン 2010.03.11

モロッコの家庭には
かならずひとつはある香水ビン
(瓶の首が長いのが特徴)
この前行ったときに骨とう品屋でみつけました。
家に入ると、これをお客様に
ふりかけてくれます。
 
モロッコ産のガラスビンではなくて
古いフランスの香水瓶をモロッコ風に
加工しているのが、おもしろくて、
ついついたくさん買ってしまいました。
100311_135829.jpg
古いものはイタリアのベネチアングラスもあり、
すごく繊細なカットが施されてあります。
 
よくみるとこれはミュグレーが何年か前に出した
香水でした。
(名前はわすれたけど・・・見覚えがあります)
とてもきれいなブルーで、星や月のレリーフです。
100311_1359371.jpg 
使い古した香水瓶をこうして大切に
使っているなんて、
なにか女性の歴史を感じました。


2010年3月 8日

モロッコ風パンケーキの作り方 2010.03.08

小麦粉や粉の違いによって
パリパリの皮もあれば
ふんわりパンケーキもあります。
 
モロッコの家庭では
朝ごはんに
いつもこのパンケーキを焼いてくれます。
 
①最初に粉を水でといて、
 おだんご状態にしたものを
 お皿のうえで、広げます
IMG_0588.JPG
②とんとん手でたたいたりして
 広げて、うすい生地になってものを
 四角くたたみます
IMG_0589.JPG
③フライパンにバターやアルガンオイルを
 ひいて、ぱりっと焼きます
IMG_0591.JPG
④お好みで蜂蜜をトロリっとかけて
 できあがり・・・・
いただきま~す
IMG_0593.JPG
2010年3月 4日

モロッコのお土産物屋 2010.03.04

モロッコのおみやげといえば
一番しられているのが「バブーシュ」。
DSCF2077.JPGのサムネール画像
 その他にも、色んなカワイイものが
たくさんあるんだけど
DSCF2054.JPGのサムネール画像
バンブーバッグなど
ほとんどが手作りでのもの。
DSCF2081.JPGのサムネール画像

とくに「カフタン」といわれるドレス
日本でいうと晴れ着の着物みたいな感じ。
これは細かなビーズが縫いこまれていて
色も微妙できれいです。
DSCF2075.JPG3000円位で売っているので
買おうかな・・!と思ったけど
たぶん着る機会はないだろうな・・と
思い、やめました。
 
でも、写真をみて、思い出してると
買っとけばよかったと
後悔・・・・。


2010年3月 3日

モロッコの高級インド料理 2010.03.03

最近は食べ物の話しが
続きますね!
(食べること、大好きなので・・)
 
モロッコのジャルダン・クトウビアホテルの
最上階にある高級インド料理店「Lelais de paris」
内装、サービスも高級感あり、
価格もそれなりにモロッコにしては高級だけど
料理もおいしいし、雰囲気もとてもいい感じ。
 
最初にオーダーしたのは前菜に
スプリングロール
(タレがホットな辛味から甘辛まである)
IMG_1279.JPG
あと、メインで私は
Seafood Wok
(子魚、イカのフライと野菜の混ぜ合わせ
味が日本の醤油あじに似ている)
IMG_1283.JPG
息子はグリーンカレー  140DH(約1540円)
(チキンカレーでごはんに細かい野菜が混ぜてある
ちょっと味見したら、とびあがる位辛かった)
IMG_1282.JPG
デザートはLassi(ヨーグルト味)と
Gulob Jamun(暖かい丸いボールのお菓子をアイスクリームの
上にのせてある。これはモロッコスペシャル)

 ちょっと雰囲気ある暖炉のそばで
デザートをいただきました。
IMG_1289.JPG
 飲み物も全部二人分で310DH(約3410円)
とても美味しかったし、
大満足!


2010年3月 2日

モロッコのマクドナルド 2010.03.02

モロッコにも最近マクドナルドが
進出してきました。
マラケシュのマルジャン(大型スーパー)の中や
新市街にもマックが。

IMG_1224.JPG
でも、モロッコの人にしたら、決して安いとは
いえないので、子供たちにとっては
誕生日や特別の日に親に買ってもらえる
うれしいもの。
 
新発売のマック・アラビア 53DH(約640円)
こちらの相場からすると、決して安くない
かえって日本の方が安いんじゃない?

IMG_1225.JPG
日本にもテリヤキバーガーがあるように
こっちの味風にして、MAC  ARABIA。
香辛料たっぷりのビーフミンチバーガー
なかなかイケる味。
パンもパリパリでおいしい!

IMG_1230.JPG
モロッコのパンはどこで食べてもホントおいしい
(やはり小麦粉がちがうのかな?)


2010年2月25日

フナ広場のタジン料理 2010.02.25

フナ広場にあるレストラン[ARGANA]
一階がケーキも売っているカフェで
ミントティーを飲んで、ほっと一息。

IMG_1200.JPG
2階は地元の人もたくさん来ているレストランで
タジン鍋がとてもおいしい!

IMG_1204.JPG
モロッコサラダはそれぞれの皿によって独特で
味付けはスパイスをきかせて、野菜によって違います。

IMG_1206.JPG
デザートは自家製ヨーグルト、甘くてトロトロ。
最後はミントティー。

IMG_1207.JPG全部で二人でDH175(2,000円位)


2010年2月23日

マラケシュのかわいい小物雑貨の店 2010.02.23

マラケシュの新市街のムハマドⅤ世通りから
ちょっと入った脇道に
かわいい小物雑貨のお店があります。
 IMG_1262.JPG
「maison rouge」というお店
モロッコのローカル色にプラス、
フレンチのデザインがとてもかわいい。
(価格はスークに比べると、ちょっと高めですけど)
おみやげに色んな携帯ストラップを買いました

IMG_1260.JPG
 
同じ通りにある小さなアンティック屋さん。
中2階にはモロッコの生活雑貨のアンティックが
いっぱい並んでいました。
オーナーは程度のいいクオリティーの高いものを
選んでいると思う。
 
1Fは小物も売っていて、ちょっとしたおみやげに
お勧めです。
私も自分で好きなオレンジ色と模様が気に入ったので
スカーフを買いました。
DH380 (約4200円)

2010年2月22日

ロビーに入るとバラの香り 2010.02.22

このホテル、ジャルダン・KOUTOUBIAは
マラケシュで私の一番好きなホテルです。
ここにいるとホント、落ち着くんです。

ロビーに入るといつもバラが飾ってあって
この香り、いいな!と思っていたら
アロマオイルでムスクの香りもたいていました。

生のバラの花とムスクの香りが調和して
ゆったりとした、品のいいムードで迎えてくれます。

BGMはモロッコ地方の独特の楽器で
生で演奏しています。

IMG_1170b.JPGエキゾチックな音楽と優雅な香りが
最初に訪れたお客様の気分を
なご ませます。


【ロビーからつづく廊下ホール】
IMG_1019b.JPG
【プールを囲んでいるお部屋】
IMG_1003b.JPG

2010年2月19日

フナ広場の屋台 2010.02.19

マラケシュのフナ広場には色んな屋台があります。
夕方近くになると、どこからともなく屋台が表れて
人もだんだんと集まってくるんです。
 
・フナ広場
IMG_1175.JPG
・シューススタンド オレンジを5~6個絞って一杯分
IMG_1180.JPG
・大きなケーキをかざっているカフェスタンド
IMG_1182.JPG
・バナナ売り 今旬のバナナが甘くておいしかった
IMG_1171.JPG
・チキン丸ごと一匹丸焼き 
IMG_1185.JPGモロッコのチキンはジューシーでホント、おいしい!
ここでは、ほとんどが放し飼いだから、
育てる方法が
そもそも違うんだろうな・・・
 
モロッコの食材は豊かで、野菜も肉も、
もともとの味がしっかりしているので、
料理はなんでもおいしいです。



2010年2月18日

モロッコのハーブ屋さん 2010.02.18

スークの中には、ハーブやスパイスを
売っている店がたくさんあります。
モロッコの人たちの生活に
この自然素材がふつうに使われているからでしょう

IMG_1151.JPG料理用として、また手作り化粧品用にまぜて使ったり・・
漢方みたいに薬として使ったり・・・・いろいろ
 
「これ何?」ときくと
こんな料理にあうよ、とか
ガスールに入れてパックするとしっとりするよ、とか。
 
だから、食と美が一緒なんだな・・・!
 
もともとビンに入れて製品化したものがとても少ないので、
ほとんどは計り売り状態で売っています。
日本では考えられないことですが、
なんでも手作りしないと手に入らないモロッコでは
ふつうのことなんです。

IMG_1152.JPG伝統として云い伝えていって、古いやり方が残っていく
生活の様子がわかります。


2010年2月17日

マラケシュの香料屋さん 2010.02.17

モロッコから帰ってきて、写真をみていると
色んなことを思い出します
忘れないうちに、書いておきますね!
 
東京は今日もまだ寒く、真冬の天気ですが
マラケシュはもう25度以上あって
ちょうど日本の初夏のかんじでした。
 
マラケシュのスーク(市場)の中は、
相変わらず人が多く騒がしいけど、帰って、
思い出してみると不思議にもう一度
行きたくなるところです。
 
そのスークのなかの一角、
間口2メーターぐらいの小さなお店。
香料に詳しいおじいさんは、なんともう40年も
ここでやっているとのこと。
 
自分でお花から自家製で香料を作っているとのこと。
バラはマラケシュのを使って、エッセンスを取る
そのローズオイルの名前を名づけて、
「ローズドマラケシュ」これって、うちとおんなじ!(笑)
 
他にもオレンジフラワー(ネロリ)、ラベンダー、アンバーなど
どれもお手製のオリジナル。
 
写真嫌いのおじいさんが気持ちよくOKしてくれ
お店の電灯まで点けてくれました。
色んなエッセンスがいっぱい。

IMG_1147a.JPGモロッコでは基本的に植物そのままの香りを
楽しむようです。
よく調香師さんが色んな香りを
ミックスして香水を作るようなことは、
あまりしないそうです。
 
だからストレートにお花そのままの香りがします。
シンプルだけど純粋な感じがして、
今、合成の香りが多いなかで、
とても貴重な香りでした。
 
私もオレンジフラワー(ネロリ)の小ビンを
買い求めました。



2010年2月16日

お土産のタジン鍋 2010.02.16

モロッコから帰ってきて、
9時間の時差ボケがまだ、なおりません
夜はパッチリ目がさめて、朝方まで眠れません
これには、マイッタ!
 
お土産にいただいたタジン鍋。
かなり大きくて、重いけど、チェックインのときに
預けたら割れる恐れがあるので、手で持ってきました。

IMG_1274.JPG中を開けてみたら、なんと手作りクッキーが
入っていた。
わざわざ焼いてくれたんだな・・
ありがとう!
見慣れないかたちだけど、これが
案外おいしくて・・・
 
モロッコは小麦がいいせいか、パンやクッキーが
どこで食べても素朴な味がして
美味しいのです。
 
いただいた本場のタジン鍋でモロッコ料理に
挑戦してみようかな・・・


2010年2月14日

ファーストクラスへグレードアップ 2010.02.14

今から、いよいよ搭乗という時に
「板橋様ちょっとおまちください!」とのこと
あれっ!何かあったのかな?と不安がよぎる。
すると「搭乗券を変えてください」と。
見ると、なんと、それはファーストクラスの券だった。
息子と私は二人でアップグレード。
(息子は最初エコノミーだったんですけど)
 
すごい!体験、初めて!
シートは完全にフラット状態のベットになって
椅子のうえにマットレスをしいて、
上には軽いふとんもかけてくれる。
その上、パジャマ(クリスチャン・ラクロア製)も用意。
サイドテーブルも広くて、余裕の空間。

IMG_1453a.JPG[クリスチャン-ラクロア製バジャマと機内セット]
100215_211342a.jpgのサムネール画像
ウエルカムドリンクのシャンパンがきいたのか
すぐにぐっすり寝てしまい、
はっと、気がついたらもう9時間ぐらいたっていました。
 
ディナーはフォワグラでスタート、メインは仔牛肉のパン粉焼き
デザートはかわいいタルトとチーズと果物。

[フォワグラの前菜]
IMG_1458a.JPG[仔牛肉のパン粉焼き]IMG_1463a.JPG[プラリネのタルトレット]
IMG_1465a.JPGやっぱりファーストクラスは違うな・・・
それだけのことはあります。
 
もうすぐ東京の街のひかりが見えてきました。


2010年2月13日

パリを出発 2010.02.13

もうすぐパリを発ちます。
飛行場の外はまだ雪も残っていて、
とても寒く頬を切るようなシーンとした空気です。
一歩空港のビル内に入るとホッとしました。

[まだ雪が残るシャルルドゴール空港]
IMG_1448.JPG

今回はいつもと違う搭乗口で戸惑いました。
トレインに乗ったりしてホントにここで良いのかな?
初めてのゲートなので不安です。
いつもはターミナル2Fだったのに、
なぜか今回はターミナル2Eに変わっていました。
でもなんとかたどり着き、出発時間に間に合いました。

[ターミナル2 E に行くトレインにて]
IMG_1445.JPG
これから飛行機で12時間したら東京です。
では、飛行機に乗り込みます。


2010年2月12日

パリに到着 2010.02.12

カサブランカから3時間、パリに到着。
20:00。パリは雪です。

IMG_1424.JPG0℃以下。ワァー!寒い、凍えそう、ヒューン。
ずーと雪が降っている。
パリの町並みが、真っ白。
明日は積もるかもしれない?寒波かな。
暖かいモロッコから急に寒い冬になった。
温度差は20℃以上。

今晩はパリで1泊して明日の便で東京に帰ります。
この雪で帰れるのかな?
ちょっと心配です。

[ホテルの窓から見たパリの雪景色]
IMG_1425.JPG
2010年2月12日

カサブランカの空港 2010.02.12

やっとカサの空港に着きました。

IMG_1392.JPGモロッコの玄関口として最も良く利用されている空港。
ここからパリへ出発します。

エアフランス、エミレーツ、トルコ航空など
多くの飛行機会社が乗り入れている。

先日、私たちがここに着いたときは
夜中の12時前だったので、真っ暗でよく分からなかったが
昼間見ると大きな近代的な飛行場。

IMG_1397.JPG少し早く着いたのでチェックインカウンターは
まだ開いていなかった。

CAFEで出入国カードを書いてミントティーを飲んだ。
またしばらくは大好きなミントティーを飲めなくなるなぁ・・・。

モロッコは私にとって第2の故郷。
しばらくの間お別れです。

空港内のお土産物屋さん、モロッコの民芸品が並んでいる。
価格を見るとスークの4、5倍位はしている。
やっぱりスークは安かった。

[モロッコから飛び立ったところ]
IMG_1407.JPG


2010年2月11日

マラケシュ→カサへの高速道路 2010.02.11

今日はマラケシュからカサブランカへ、
300㎞この区間はモロッコでも高速道路があります。

IMG_1368.JPG
3時間走って、高速料金63DH(700円位)。

IMG_1382.JPG
でも、日本と違うところは沿道の景色。
のんびりヤギが草を食べている。

IMG_1369.JPG
羊飼い(ヤギ飼い?)がたくさんのヤギを見ながら
一人でのんびり日向ぼっこ。

見渡す限り家らしいものは無く、
丘陵がどこまでも続く。
時々、土と石で作られた家の集落が点々としている。

この沿道にサボテンがたくさんあって
少しだけ実をつけ始めている。
これから夏にかけワーっという感じで
サボテンが増えてくる。


IMG_1370.JPG
モロッコの人たちはサボテンの実が大好きで
よく屋台で売っているのを食べます。

また最近はお肌にもいいということで
サボテンオイルが見直されてきている。
サボテンオイルはシワにいいとか?
ブームが来るかも?


2010年2月11日

オレンジフラワーの開花はもうすぐ 2010.02.11

フナ広場から新市街へ続く大通りムハンマドⅤ通り。

[ムハンマドⅤ通りの手書きの看板]
IMG_1247.JPG
この通りの街路樹はオレンジフラワーの木が
ズーっと植えられています。

IMG_1237.JPG
ちょうど今は大きなオレンジの実がなっているけど、
これは苦くて食べられません。
(こんなに美味しそうなのに残念!)


IMG_1245.JPGもう少しすると白い可愛い花が咲きます。
この花を取ってきて家庭でも
オレンジフラワーオイル(ネロリ)を作るそうです。

この通りを歩いていると良い香りがする。

ローズドマラケシュからも今度ネロリバームという
新商品が出ますがこのモロッコのお花の香りです。
お楽しみに!

IMG_1126.JPG


2010年2月11日

マラケシュの朝 2010.02.11

いつも朝5時頃目が覚める。
もう少し寝ていようとするが6時前に
モスクのスピーカーの声が聞こえて、
これで完全に起きてしまう。

空も薄っすら明るくなってきた。
どこからか鳥の鳴く声も聞こえてくる。
お日様と共に目覚めるなんて健康的なことだと思う。

この部屋は3階なのでマラケシュの町の屋根が見渡せる。

IMG_0813.JPGこの町独特のサーモンピンクの壁の色が
朝日を浴びて柔らかな色に映える。
今日は薄く朝もやがかかっている。
町全体がぼんやりかすんで見える。

マラケシュの天気は変わりやすくて
昨日の午前中はシトシト雨で寒かったのに
午後からカラッといい天気になりました。
半袖でも良いくらいでした。

今日朝はまだ肌寒い感じですが
昼間は温度が上がるかな?


[外気が寒いので温水プールから湯気が出ている]
IMG_1319.JPG
2010年2月10日

ヌハさん久しぶり! 2010.02.10

モロッコの友人ヌハさんはマラケシュに住んでいて、
ファティマさん(小物雑貨輸入業)の仕事をしています。

[ヌハさんと一緒にホテルのオープンデッキでパチリ]
IMG_1229a.JPGのサムネール画像モロッコ駐在員としてもう永く働きながら
子供2人を育て頑張っている人。

私の大好きな日本女性なんと驚いたことに
私と同じ九州、小倉出身。
高校も同じ卒業だった。

日本からこんなに遠く離れたモロッコで
偶然同郷の人に出会えたなんて、
何かのご縁ですね。

彼女は毎日スークを自分の庭のように
走り回りながら、忙しく仕事をしています。

ヌハさん、頑張れ!
久しぶりに会えてホント、嬉しかった。


2010年2月10日

ホテルのスイートルーム 2010.02.10

今、ホテルの部屋が満室らしくて、
チェックインしたらびっくりしたことに
部屋がロイヤルスイートルーム。

IMG_0978a.JPGのサムネール画像
エッ!これ何かの間違いじゃないかな?
フロント係が気を利かせていい部屋に
グレードアップしてくれたらしい。
何回かこのホテルを利用しているので
私の顔を覚えてくれたのでこんなときラッキー。

広いデッキがついていてそこからプールへ出ることが出来る。
まるでプライベートプール。

IMG_0987a.JPGのサムネール画像そして、暖炉もある。
部屋の庭先からクトゥビアの塔もちょうど前に見える。

IMG_1270a.JPGのサムネール画像広いリビングルームとオープンデッキとプール。
一軒の家みたい。ゴージャス!

こんな凄い部屋に泊まれるのは多分、
一生に一度かも?
ここにいると、一歩も外に出たくない気分。



2010年2月 9日

ハマムで垢すり 2010.02.09

泊まっているホテルのスパで垢すりをしました。

IMG_0837.JPGまず最初にハマムというスチームサウナに入って
全身をサボンノワール(黒オリーブ石鹸)を塗り
約5分位して全身を洗い流します。

その後、ケッサで垢すり。
毎日お風呂に入っているのに垢がポロポロ。

その後、ガスールでボディと顔と髪をパック。
さらに10分おいてから、頭の上からバサッとお湯をかけられ、
ガスールをおとします。

ラストに冷水をまたまた頭からバサ。
ウッとつい叫びそうになった。

いくらサウナで体が温まっていてもこれにはまいった。
耳にも水が入りまくり。

でもその後、ガウンを着てベットで休んでいると
体はぽかぽかしてきました。

IMG_0846.JPG料金は約50分で450DH(5,000円位)。
体がスッキリして満足でした。






2010年2月 9日

ホテル ジャルダン クテゥビアにて 2010.02.09

マラケシュのフナ広場のすぐ側にある
ホテルジャルダンクトゥビア。

暖炉の部屋にて
IMG_1010.JPGのサムネール画像私はマラケシュに来るたびに泊まるホテル。
フナ広場は人がいっぱいで騒がしいけど
一歩このホテルに入ると鳥の鳴き声がして
シーンと静か。

五つ星でモロッコにしては少々高いけど
これぐらいの贅沢はまぁいいか!
部屋代2,300DHより(25,000円位)。

ここはホテルの中で一日中ゆっくり過ごすとこ。

骨董品のある部屋にて
IMG_1037.JPG
スパに行ったり、本を読んだり・・・と
そんなリラックスした過ごし方にぴったりのホテルです。
本当はここで何日かのんびり出来たら幸せだなぁ・・・。

でも、ちょっとした時間を見つけて
プールサイドでぼーっとしています。

IMG_0996.JPGのサムネール画像
2010年2月 8日

アルガンの木 2010.02.08

エッサウィラ付近のこの一帯は
アルガンの木だけが残っています。
あと地面は赤茶けてカラカラに乾燥したところ。

IMG_0968.JPG今年は雨が多くアルガンの木はとても青々して
元気で大きな沢山の実を着けています。

IMG_0934.JPGまだ実は青いけどこれから夏にかけて
実が熟して茶色になります。
するとヤギが食べて、その種を割って中の芯を絞ったものが
アルガンオイル。

今年は収穫量も多くなりそう・・・。と現地の人の声。

IMG_0865.JPGまだ今は青い実だけど
しっかり太陽のエネルギーを浴びて
大きく育ってください。

今年はまずまずの収穫量になりそうなので
まずは安心。

でもアルガンの実の価格は
この2、3年で3倍になったそうです。


2010年2月 7日

エッサウィラヘ 2010.02.07

マラケシュから約200㎞真直ぐな道を約3時間走る。
道の両側には見渡すかぎりのオリーブ畑。
遠くアトラス山脈の頂にうっすら雪が残っている。
南に行くにしたがって暑くなってきた。
もう25度以上はあると思う。

エッサウィラは大西洋に面した小さな港町。
白い壁とブルーの窓枠がとてもオシャレ。
フランス人の観光客もいっぱい。

IMG_0910.JPG海に面した魚屋の屋台でランチ。
魚を選んでその場で焼いてくれます。

IMG_0900.JPG
たっぷりのレモンを絞って食べるシンプルな料理。
魚が新鮮なのでとても美味しい。
お腹いっぱいになりました。
3人分で220DH(2,500位)サラダ付き。

港の魚市場で買うともっと安い。

IMG_0896.JPG大きな蟹1匹50DH(550位)。

IMG_0915.JPG
その後、広場のアイスクリーム屋さんでジェラートを食べた。

IMG_0917.JPGイタリア人経営の店なので味は本物。
私はヨーグルト&ティラミスのアイスを選びました。
15DH(165円位)。



2010年2月 6日

今日は車で550㎞走る 2010.02.06

今日は車でラバトの方へ550㎞走りました。
日本で言うと東京から大阪を越えて
さらに岡山あたりまでいける距離らしい。

今日は土曜日なので蜂蜜園はお休みで
園長さんの自宅に伺った。

ラバト郊外の海に近い高級住宅地区の
大きな家ばかり。
園長さんは趣味のアンティークが好きで
面白い古い道具を見せてもらった。

気持ちいい風が通る住みやすそうな住居。

IMG_0695.JPGのサムネール画像高校1年と中学生3年のお嬢さんがとても可愛かった。
おいしいクッキーをご馳走になりました。

ネロリの蜂蜜はこれからが時期で
今のところ順調だそうです。
良かった!
良質のネロリの蜂蜜を送って頂けるとのこと・・・
楽しみ!

帰りは海の側の道を通ってマラケシュへ。
大西洋は波が高く雄大でした。

IMG_0707.JPG
2010年2月 6日

ホテルの朝食 2010.02.06

ホテルの朝食がたくさん並んでるのを見ると
なんだか幸せな気分になります。

IMG_0659.JPG
絞りたての本物オレンジジュース
(モロッコは大体、どこでもオレンジのしぼったもの)が
身体にしみこむよう。

モロッコの家庭料理ハリラスープ。
ここのはとてもおいしい!
レモンをたっぷり絞って、いただきました。

お魚と豆が入ったスープ。
サイコー!

ラティファさんはこのホテルに勤めて、
ずいぶん長いですね。

IMG_0595.JPG彼女の焼くモロッコ式パンケーキはホント、おいしい!
小麦粉を手で上手にのばして、
大きなフライパンにバターをとかして、
焦げ目がつく程度に焼きます。
あと、蜂蜜をたらしていただっきま~す。


2010年2月 6日

カサブランカの朝 2010.02.06

朝、起きてみるとまだ朝5時だった。
もう少し二度寝しようと思ったけど
目がぱっちりで寝れないので、
ホテルのロビーに下りてみた。

誰もいなくて、どこからか鳥の鳴き声。
BGMかな?と思っていると、大きな鳥かごがあって、
ほんものの鳥の鳴き声だった。

IMG_0666.JPG
どんな音楽よりいやされるな~


2010年2月 5日

モロッコに到着! 2010.02.05

今、モロッコのカサブランカに到着。夜23時。

IMG_0578.JPGのサムネール画像
無事ついて、よかった!

日本をでてから約20時間
つかれたな~!

これからタクシーを捜して、
価格の交渉して、
ホテルにつくのは24時すぎだと思う。

でも、無事ついたことに感謝、感謝。


2010年2月 5日

パリの空港にて 2010.02.05

今、夕方の6時。
パリの空港に着きました。

IMG_0572.JPG
ここで3時間ぐらい待って、
カサブランカ行きの飛行機に乗りかえます。

パリは今キレイな夕暮れです。


2010年2月 4日

ラウンジに・・・ 2010.02.04

ラウンジ内にシャワールームもあるよ!

100204_120020.jpg
2010年2月 4日

モロッコへ、出発です! 2010.02.04

これから中に入ります。
100204_095917.jpg
エールフランス275便成田発12;45分。
パリ着17;45分です。
実際に乗っている時間は12時間以上。

では!行ってきます〓
2010年1月20日

2月にモロッコへ 2010.01.20

2月4日~モロッコへ行こうと
予定しています。
 
2月はお花がいっせいに咲き始めますが
今年は寒かったりして、開花はまだのようです。
 
お気に入りのホテルはマラケシュの
「ジャルダン クトウビア」
フナ広場のすぐ側にあり、
アクセスがいいことと、
100室ぐらいの、中ぐらいのホテルで
5星なので、部屋代は少し高めですが・・
1部屋(25000円位)
 
2008年10月6日~12日モロッコ写真 121.jpgロビーを入ると外の喧騒がうそみたいに
静かで、ゆったりとくつろげるので
大好きなホテルです。 
2008年10月6日~12日モロッコ写真 134.jpg中にハマムもあり、サボンノワールのあかすりは
とても上手です。 
2008年10月6日~12日モロッコ写真 095.jpg緑も多いので、ホントゆっくりできます。
ちょっとした贅沢です。

NEW ENTRY

新商品「日焼け止め化粧下地」の発表会♪

FRaU 4月号で紹介されました♪

My Age 春号で紹介されました♪

【2月1日発売】新商品アルガンオイルローズ

美ST 3月号で紹介されました♪

BACK NUMBER

CATEGORY