乾いた土地でも枯れることがないアルガンツリー

世界でも、モロッコの南西部にしか育たないアルガンの木。
乾いた土地に深く根を張り、養分を蓄えるアルガンツリーに成る実はいわば木に蓄えられた養分の結晶であり、事実高い栄養分を含んだオイルが採れます。
採取方法はとてもユニーク。まずはヤギが木に登り、この実を食べます。その後、ヤギが吐き出した種の中心から芯を取り出します。この芯から搾り出したものがアルガンオイルです。
法律により、アルガンの実を人が採ることは禁じられています。
モロッコの人たちは気長にヤギが実を食べ終わるのを待ち、種を拾って手作業で芯を取り出します。
オイルの抽出は、現地の女性たちが一粒一粒、石で叩き潰すようにして行っていますが、一粒からわずか3%しか採ることができないとても希少で価値のあるオイルです。

野生の山羊が食べ残したアルガンツリーの実の種。その芯の部分からのみ、貴重なアルガンオイルが抽出されます。

アルガンオイルの美肌効果

ローズ ド マラケシュに使用されているアルガンオイルには、"美肌ビタミン"と呼ばれるビタミンE(トコフェロール)や、肌のハリや弾力を高めるリノール酸・リノレン酸がオリーブオイルの7倍以上*も含まれていることがわかっています。
またビタミンEには製品の抗酸化作用があることから、酸化しやすいリノレン酸を安定させる作用も発揮。優れた美肌効果を長期間にわたり楽しみ事ができるのもアルガンオイルならではの特徴です。

* ローズ ド マラケシュアルガンオイルを分析した数値

ローズ ド マラケシュのアルガンオイルはなぜ優れているのか?

一度に大量のオイルを搾取するために、アルガンの実の種子にある芯を、臼や機械などでガラガラとすりつぶす方法を取り入れてるアルガンオイルが市販されています。この方法だと、量がたくさん採れる反面、雑味が入ってしまうデメリットがあります。
そこで、ローズ ド マラケシュでは、ピュアなアルガンオイルを抽出するために「冷圧搾法(コールドプレス)」を採用。アルガンの実の種子にある芯を押してつぶすことで良質なオイルを採取しています。この方法は、手間も時間もかかりますが、この種子の芯に含まれる成分バランスを尊重するためのこだわりです。現地の生産者から純粋でフレッシュなアルガンオイルを直接購入し、ほとんどの製品に使用しています。

モロッコ美容のマストアイテム

オリーブによく似たアルガンの実。ビタミンEを多く含むことから特にエイジングケア*のマストアイテムとして愛用されてきました。

*年齢に応じたケア

サラっとしていて心地よい使用感

リッチな使用感でいて、肌にピタッと寄り添う心地よさは天然のアルガンオイルならでは。お肌にハリ・弾力・潤いを与え美肌をキープします。

ページの先頭へ

MENU

検索

CLOSE